あさひ法律事務所の弁護士に交通事故対応を依頼する流れ

交通事故などの示談交渉は被害者側がスムーズに進めたくても、
いろいろな要因から進まないことがあります。

治療に長期間かかったり後遺障害認定などに時間がかかる場合、
示談交渉がススタートできないケースがあるでしょう。

過失割合において争いがあったり相手が無保険の場合、
示談交渉はかなり長引くことが想定されます。

相手方の保険会社が交渉を放置するといったこともあり、
いろいろな要因で示談が円滑に進められないケースが
あるので注意が必要です。

交通事故にあってから示談するまで、示談金の相場と同じように
状況はさまざまでしょう。

人身事故の場合、保険会社が低額の基準を使い賠償金を計算し、
被害者側に大きい過失割合などを主張することがあるので、
被害者が不満を持つというおとは多いです。

交渉が長引くこともあり、対立が激しい場合半年以上かかる
ケースもあります。

あさひ法律事務所に依頼するとスムーズに交渉を行うことができ、
気軽に相談することができるので便利です。

あさひ法律事務所にはいろいろな弁護士が在籍していて、
交通事故に特化したプロもいます。

スムーズに進めることができます

示談はやり直しができないことが多いので、事前にあさひ法律事務所の
弁護士に相談すると便利です。

保険会社から賠償額が提示される場合、弁護士に相談したりチェックして
もらうと安心です。

示談してしまうと特別な事情がない限り、基本的にやり直すことができません。

保険会社は裁判所が認める金額より低い金額を提示するケースが多いので、
それが適正な金額か慎重に判断することが必要です。

しかし弁護士は裁判所が認める高い支払基準を元にして示談交渉するので、
賠償金の増額を期待することができます。

損害保険料算出機構が行う級認定に対する異議申立などは行うことが
できますが、自賠責保険や共済紛争処理機構などに対して異議申立を
行うことができません。

認定結果に不服があるなら、裁判を起こすことになります。

相談する流れとしてあさひ法律事務所に電話などで予約を入れると、
スタッフが親切且つ丁寧に対応してくれます。

交渉などすべて依頼することができるので、安心して利用することが可能です。