交通事故で弁護士に頼らず和解したいときに使える「損害保険制度」

被害者による直接請求も可能

交通事故加害者にお金を払ってもらうには、和解をする必要があります。

交通事故 弁護士を頼れば確実に損害賠償請求ができる利点がありますが、
中には交通事故 弁護士を頼ることなく和解がしたいと考える人も
いるはずです。

損害賠償金にしろ和解金にしろ、本来被害者側が加害者に対して請求でき
たり、合意を形成したりして解決するものなので、これは可能です。

被害者ができること

その場合、交通事故 弁護士に依頼する必要がないのでその分の費用は
節約できることとなります。

自賠責保険制度では、被害者が加害者が加入する保険会社に対して
直接支払いを求めることができるようになっていますので、もし交通事故
で弁護士を頼らないなら自分でアクションを起こして話し合いのテーブル
についてください。

請求をするために必要な書類は、国土交通省のホームページに詳しく
書いているため、そちらを参考に揃えましょう。

もし自分で無理だと判断すれば、専門家に依頼してください。

困ったら最終的には弁護士を頼るべき

日本では損害保険制度によって、車を運転するためには自賠責保険に
加入する義務があります。

未加入であれば罰則の対象でもあるため、ほとんどのケースでは未加入
であることはないので、弁護士を通さない場合は直接加害者の加入する
保険会社に対して請求ができます。

もちろん、加害者を通して保険会社とやり取りをしてもらうことも可能
ですが、大抵は保険会社と直接対応することになるでしょう。

仮に自賠責保険に未加入である場合や、加害者が不明の場合は政府保障事業
を活用することが可能です。

任せる

額は低くなりますが、何らかの理由で支払いがなされずに泣き寝入りして
しまう自体を少しでもカバーできるので、場合によってはこれも検討
しなければなりません。

損害保険制度を熟知していれば弁護士を頼ることなく、請求もすべて
可能です。

しかし、時には損害保険制度を使っても金額に対して不満があるなどの
ケースが生じることがありますので、そうした時は弁護士を頼った方が
良いです。