TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

英語のテストの会場案内ならのぼり旗がおすすめ

学生向けの英語のテストを定期的に行っている学習塾では、多くの生徒が
テストを受けられるようにするためにも、大きな会場を借りて大規模に行われることが多いです。

そういった場合普段通っている学習塾や学校とは異なり、出向いたことのない会場に来る学生ばかりになるため会場までの行き先がわからない生徒が出てくる可能性が高くなります。

道に迷う

そういった場合会場までの道のりを示すためにも、会場の案内などを駅前などに設置したり看板を立てるといった方法がありますが、看板設置の場合作成にも設置にもかなりのコストがかかってしまうデメリットがありました。

特に限られた日数のみ借りて行う学寮テストの場合は、保管にも場所をとってしまう看板よりもリーズナブルな価格で制作出来て、保管の場所もとらないのぼり旗の利用が一般的となっています。

のぼり旗であれば軽量の旗を会場案内の代わりとして設置することが可能ですし、作成する際にも一度に大量注文を行うことによってコストを下げることが出来るメリットがあります。

会場に向かってのぼり旗を設置すれば、テストを受けに来る生徒が迷う心配が一切なくなりますし設置や回収も非常に簡単などメリットは少なくありません。

会場への順路表示ならのぼり旗が便利

英語のテストなど一度に多くの生徒が受けるためにも、大きな会場を貸し切って行われる場合は多いです。しかしこういった大規模な試験は頻繁に行われるわけではないため、常に施設周辺に会場に訪れる生徒が迷わないように設置する順路看板などを設置しておくことは出来ません。

そこで迷わずに道筋を示す方法として活用されているのが、のぼり旗を設置する方法だといわれています。

のぼりで会場案内

看板とは異なり布製なので持ち運びも非常に簡単ですし、専用のポールスタンドも軽いため女性でも移動や取り付けをスムーズに行うことが可能です。

また、看板の設置ほど広大なスペースを確保する必要がないため、試験当日に合わせて会場までの道筋までに何本か設置しておき、試験が修了した後は回収することも簡単に行なえます。

布製ののぼり旗は使用しない時はくるくると小さく折りたたんでおくことができるので、室内に保管する場合も邪魔になる心配がなく非常に使い勝手が良いと人気が高くなっています。

そして遠くからでも目立ちやすく、風にはためくことで自然と人の目に飛び込んでくるため、慣れない会場までの道筋も迷うことなく生徒を会場まで連れていくことが出来ます。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す サイトマップ