TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

デザイン

では具体的にどのようなデザインにすればよいのでしょうか。

まずは、文字と写真やイラストどちらでアピールするかの軸を絞りましょう。

たとえば、商品をアピールしたい場合には、文字だけでなく、
商品の写真やイラストも組み込んだ方が効果的です。

あるいは、キャンペーンやイベントを告知したい場合には、イベントの内容を
端的にインパクトを持って表す方がより訴求効果があります。

デザインの考え方効果的なのぼりを作るコツは情報を厳選することです。
ついつい内容を詰め込みたくなってしまいます。
ですがのぼりは看板とは違い、風にはためきます。

あるいは通行中の自転車や自動車から見ます。
ですから、一目みて内容を理解できるようにすることが必要なのです。

まずは、一番アピールしたいことは何なのかを絞りこみましょう。

よく「かっこいいデザインでお願いします」なんて聞きますが、
かっこいいデザインは決して目立つのぼりとイコールではないんです。

今必要なのは、かっこいい雰囲気重視なのか、 それともまずは
目立つことが大切なのか。まずはそこから考えてみましょう。

考えているうちに、お店の売りだったり、商品のアピールポイントだったりが
自分の中で見えてくるかもしれませんね。
目立たせること

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ