TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

和風モダン・ナチュラルな素材感が魅力

のぼり旗で使用される「綿スラブ」生地は、天然素材のような素朴で
自然な色合いを出すことが可能です。

そのため、「綿スラブ」を使用するときは和風であることを強調したい場合や、
ビンテージ感を出したいときに有効です。

スラブ

生地は細い糸と太い糸をあえて混ぜて使用し、独特の手触りを作ることが出来ます。

のぼり旗として使うのも良い生地ですが、その手触りの良さから
日常の衣類などにも使用されます。

デザイン性も高く、日本風の印象を強く打ち出すため和風やモダンなどの
イメージを演出したいときや、丈夫さを求める場合にはお勧め出来る製品です。

のぼり旗としては主に夏の季節に使用されるケースが多いとも言われています。

神社のお祭りや出店などを印象付けたいときには、最適な素材です。
麻のような手触りがありますから、通年で利用するよりも夏などの
暑い季節に使用するほうが効果的といえます。

日よけ幕や法被などにも使うことが出来る、便利な素材です。

厚手で汎用性が高い素材といえば

のぼり旗で使用される「生成り天竺」は、生地の中でも非常に丈夫な素材です。
化学繊維のポリエステルより丈夫で、耐久性にも非常に優れています。

このことから通年で利用したいのぼり旗などへの利用が、最適と考えられるでしょう。

「生成り天竺」は非常にポピュラーな生地なので、のぼり旗オーダーのときに
布地の指定を特定しない場合は、よくこちらの製品があらかじめ設定されています。

人気の天竺

同じ綿の素材でも、「金巾」より丈夫で厚手という特徴があり、加工や印刷にも最適です。

さまざまな製品に応用されることが可能で、のぼり旗だけではなく
のれんや間仕切り、法被などにも使用されます。

あまり大きなデザインの場合は強度が保てなくなることがあるので、注意が必要です。

一般的な素材であることから、価格も非常にリーズナブルな設定となっています。
多くの使用用途や目的があるときや、通年での利用を考えている場合は、
こちらの素材を選択すべきです。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ