TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

定期的に交換する

街中を歩いていると、飲食店や小売店など様々な店舗を目にします。
それらの店舗の前にのぼりが立っていることも多く、意識してもしなくても
目に入ってくることはよくあります。

屋外

どれだけ自信のあるサービスや商品を提供出来るとしても、
消費者が店舗に興味を持って入ってこないことには
それらの商品を提供することはできません。

風に揺られてたなびいている姿が目に入ると、遠目からも目につくため
広告宣伝効果を期待できるアイテムになります。

店の前や近くを通っている人の意識を店舗に向けさせることができるのです。
看板を使用して広告宣伝を行うと、制作や設置にかかるコストも高くなりますし、
設置するためにある程度の場所が必要になります。

チラシなどの広告でもコストがかかり、一過性の広告媒体になります。
オリジナルデザインでのぼりを制作したとしてもそのコストは
他の広告と比べて非常に安価な価格で済みます。

 

費用対効果を考えても、非常に有効な広告手段であると言えるのです。
この広告宣伝アイテムは、設置場所に広いスペースを確保する必要もありません。

ポールスタンドも軽く、旗自体も折りたたみが出来る為、女性のスタッフであっても
持ち運びや取り付け、取り外しを簡単に行う事ができるのです。

このようにメリットが多いものではありますが、定期的に交換することが
広告宣伝の効果を発揮し続ける為には重要になります。

のぼりは屋外に設置することが基本である為、直射日光や雨風、
排気ガスなどによって経年劣化していくことはやむを得ません。

太陽劣化

環境の違いによっても劣化の時間にはそれぞれの地域によって差がありますが、
一般的には3ヶ月程度で交換することが望ましいと言われています。

色あせやほつれ、破れなどが出てしまうと明らかに劣化した状態であり、
そのまま放置しておけば、逆にイメージを悪くする心配もあります。

制作コストが低いため、定期的の交換で清潔感を保つことも大切なのです。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ