TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

のぼりの効果的な使い方

のぼりは、なにも考えず設置しても宣伝効果は低いです。
宣伝効果を最大限発揮させるためには、ちょっとしたコツがあります。

のぼりを設置するときは、1本だけではなく複数設置しましょう。
1本だけだと目立ちにくいですが、複数を等間隔に設置することにより目立つので、
通行人や車のドライバーの目に入りやすくなります。

 

効果的

ただし、複数を設置するといっても、適当に配置してはいけません。
1m80cmの間隔で設置していくと、人々に最もアピールできると言われています。

のぼりのデザインは、同じデザインを並べた方が良いです。
宣伝文句が同じならそれだけ多くの人々の頭に残りやすいですし、
カラーが同じなら統一感が出てきます。

 

しかし、テクニックの一つとして、同じデザインの中に1本だけ
別のデザインを混ぜる方法もあります。

例えば、現在最も売りたい商品があるなら、そののぼりだけカラーを
変えて立てると良いでしょう。

すると、遠くから見たときに1本だけ目立つので、より注目されることになります。
他の商品よりも力を入れて売りたい商品があるなら、あえて統一感を無視することもテクニックです。

設置する場所は、店舗の敷地を考えるのも宣伝効果を高めるコツです。
道路に面しているならそれに沿って設置すれば、ドライバーへアピールすることができるでしょう。

また、角地にある店舗の場合は、3方向に設置すれば全方向にアピール可能です。
配置の仕方だけでなく、立てる場所もポイントになります。

 

お店に入りたくなるデザイン

飲食店や小売店、サービス業などでは、どれだけ質の高い商品やサービスが
提供出来るとしても、消費者の目に留まらなければ始まりません。

店舗営業を行っている場合は、店の近くを通った消費者に対して
いかに自分の店の存在をアピールできるかが重要です。

のぼりは日本で古くからある宣伝方法です。
制作に要する費用がさほど高くない割に、宣伝力の高いものを制作して
最適な場所に設置すれば、集客力をアップする為の大きな効果をもたらしてくれます。

店の目の前を通らなくても、遠方からも確認できるために
人を店の方に集める効果も果たしてくれます。

チラシや折り込みなどの広告媒体と比べても、対費用効果の面でも
非常に価値の高い宣伝媒体であると言えるのです。

のぼりを制作する時には、オリジナルデザインものを作成することが大切です。
利点の多いこの広告媒体を利用している店は数多くあります。

 

個性のないものを使用していても店の特徴を出すことは難しく、
消費者の注意を惹き付けることにあまり着たいができなくなってしまうのです。

お店に入りたくなるのぼりのオリジナルデザインを作成する時には、
伝えたい店の特徴をしっかりと決めておくことが大切です。

店の特徴を表す時に、ごちゃごちゃと情報を詰め込む方法は避けた方が無難です。

インパクトを残す端的文字や写真、絵などを使用してデザインを考えます。
その際には、使用する書体や色選びも重要になります。

写真だとイメージが堅くなってしまうと考えるのであれば、イラストにする方法もあります。

入りたくなる

良いオリジナルデザインを考える時には、専門技術を持った
プロに依頼することもおすすめです。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ