TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

イベントでののぼりの使い方

のぼり旗で販促効果をアップさせたいときは、遠目からでも目立つような
カラーと文字の大きさ、フォントを選ぶと良いでしょう。

インパクトが大きければ大きいほどお店に興味が無い人でも思わず
見てしまうため、集客率アップが見込めます。

道路からよく見えるところにのぼり旗を設置しましょう。
また、のぼり旗にどのような文字やデザインを入れるかも重要です。販売促進

少ない文字でも多くの人の心をひきつけるキャッチコピーを考えたり、
「激安」「限定」などお客様が魅力的に感じるようなフレーズを
盛り込むことで販促効果が期待できます。

平日と休日で人通りや客層に違いが見られる場合は、曜日ごとに応じた
のぼり旗を立てるのも有効です。大幅値下げ

例えば平日はサラリーマン受けするキャッチフレーズを入れて、
休日は観光客やファミリー向けのキャッチフレーズを入れるなどの工夫です。

細かいことで手間もかかりますが、手間暇を惜しまずに努力をすることで
販促効果アップに繋がるでしょう。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ