TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

通販ののぼり旗の注文に必要なこと

のぼり旗を通販で注文する際には、幾つかのポイントがあります。
まず生地選びですが、予算に応じて適するものを選ぶ必要があります。

最も安価で一般的なのがテトロンポンジです。
大量に注文するならコストも抑えられてお得です。
ポリエステル生地

ただし耐久性はさほど高くないので、長持ちするものを選ぶならば
トロピカルを選ぶのがベストです。

ポリエステル製で生地に厚みがあるのが特徴です。
次に印刷方法を選びます。

通販ではのぼり旗の印刷は主に、シルクスクリーンとインクジェットの
どちらかを選択することになります。

シルクスクリーンは大量に印刷する場合に適しています。
裏抜けも良く、色褪せもしにくいのが特徴となります。

数が増えるほどに単価が安くなります。
一方でインクジェットの場合には、少数のだけ頼む場合に向いています。
インクジェット

写真を印刷する場合には綺麗に仕上がるのも特徴です。
また、コストを抑えてのぼり旗を注文するならば、フルオーダーではなく
用意されたデザインを使うとお得です。

通販サービスでは多くの場合、デザインのテンプレートが用意されています。
用途などに応じて様々なパターンがありますが、集客力の高いデザインもあるので
コストパフォーマンスは高くなります。

のぼり旗は宣伝効果をいかに高めるかがポイントになります。
そのためには費用対効果も考慮した上で、どのように通販で頼むのかを
決めることになります。

作成のサイクルによっても、生地選びや印刷方法が変わることを
知っておくことが大事です。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ