TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

商店街でののぼり旗

様々なお店が立ち並ぶ商店街で、急ぎ通り過ぎていく通行人に
店をアピールするというのは意外と難しいものです。

商店街で唯一のぼり旗を使用しているなら目をひくでしょうが、
どの店の前にも置かれている状態でただ漫然とのぼり旗を
並べているだけでは他店と差別化が図れません。

集客効果の高いのぼり旗を選ぶにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。
まずは注目を受けることが大切ですので、設置する場所の背景に埋もれないよう
地色と背景色は同系色にならないように注意しましょう。

設置場所を写真に撮り、カラーペンや色紙などを用いて
のぼりが立っているイメージを描き加えてみると想像しやすくなります。

デザインの依頼で一番多いのは「とにかく目立ちたい」というオーダーです。

カラフルな原色使い、大きな文字、字数を少なくすれば
遠目からでもかなり目立ちます。

のぼりの配色ポイント

しかしにぎやかでポップなデザインは安っぽい悪印象を与えてしまいがちで、
一瞬で敬遠されて逆効果になることもあるのです。

競合店より良い店ですよという点をアピールするためにはもう一歩踏み込んで、
自社のユニークセールスポイントが反映されているのぼりになっているか
考えてみましょう。

イメージカラーなどあればそれを使うのも有効です。
細かいことになりますが、置き場所を考えた生地選びも大切です。

直射日光が当たる場所や人が触る場所では丈夫な生地を使用するか、
頻繁に新しいものと入れ替える必要があります。

古びたのぼり旗は店が繁盛していない、清潔感がない、もしかしたら
閉まっているかもというマイナスのイメージを瞬時に与えてしまい逆効果です。

必要数が常に綺麗な状態で維持できるよう、予算を立てておきましょう。
以上の事に注目して選べば商店街で注目され、集客効果も
期待できること間違いなしです。

オリジナルのぼり旗の効果

全国のいろいろな個人商店、スーパーマーケット、大型食料品店、
飲食店、コンビニエンスストアなど、飲食に関わる商店の軒先で
のぼり旗をよく見ます。

飲食関連以外でも、ドラッグストアやホームセンター、
個人薬局などでも使用しています。

また、イベント催事においても使用されることが多く、住宅メーカー見学会や
行政のイベントごとなどでも広く使用されています。

のぼり旗のメリットは、売りたいもの、紹介したいもの、
知ってほしいことが明確で、それを見るだけで、この店は
どんなものが売っているのかなど宣伝広告になります。

ラーメンののぼり旗が出ていれば、ラーメンを販売している店と分かり、
不特定多数のその店の前を通る人にラーメン販売店ということが宣伝でき
昼時に飲食店を探している人の目印にもなりますし
新規顧客の獲得にもつながります。

商店の軒先ののぼり旗

のぼり旗はネットなどで簡単に購入することができますが、さらに
その店ならではの、オリジナルのぼり旗はさらに効果が高いです。

ただのラーメンよりも白麻婆ラーメンなど、他にはないお勧め商品を
具体的に載せたオリジナルのものであれば、それを見た人は
オリジナル性を強く感じ、印象に残りやすくなり、気になり、
次はあの店へ行ってみよう。ということになります。

オリジナルのぼり旗は内容が具体的であればあるほど効果が大きくなりますが、
一店舗につき出すのは1-2アイテムが限度です。

のぼり旗ばかり多いと、反対に何のお店なのかわかりにくくなり
入りにくくなります。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ