TOP |  のぼりのポイント |  デザインのぼり |  オーダーのぼり |  カラーのぼり |  ロット |  レイアウト |  イベント |  観光地 |  外国人客 |  のぼり旗制作の流れ | 素材ごとののぼりの風合い | 試験の会場案内 | のぼりの役割 | 目立つ呼びかけ | キャッチフレーズ | 呼び込む | 業者に依頼 | 大きさの違い/のぼり旗 | 早く欲しい時 | プリントの違い | アートイベントに | 商店街でののぼり旗 | のぼりは定期的に交換する | のぼりの効果的な使い方 | サイトマップ

のぼり旗で客足を伸ばす

染色技法

通販などにおけるのぼり旗の作成には、のぼり旗インクジェットと
シルクスクリーンとによる方法があります。

シルクスクリーンは一般の印刷に違い方法で布にデザインを施す方法となります。
利点としては大量に作成することができることと、色の劣化が少ないことが挙げられます。
注文数が多いほどに単価が安くなる利点もあります。
シルクスクリーン_イメージ

その代わりに、ますデータを入稿してから版下を作成する手間がかかるので、
その分費用と時間が必要となります。

それに対してのぼり旗インクジェットの場合には、データから直接
生地にプリントできるので、少部数の注文ならば早い納品が可能となります。
ただし大量に作成するには時間がかかることと、費用の面では割高になることが課題となります。

また耐久性に関してもやや落ちるので、比較的早いサイクルで
作り変える場合には向いていると言えます。

また、のぼり旗インクジェットの場合には色の再現性が高いので、
写真などの画像をデザインに利用する場合にも向いています。

シルクスクリーンは色が沈み込むので、イメージした明度や
彩度が出せない場合があります。単色

もちろん、のぼり旗インクジェットの場合には劣化も早く、
太陽の紫外線を受けることで徐々に色が褪せていきます。

それぞれに利点や課題が異なるために、使用目的や作り替える
サイクルによってどちらを選ぶのかを決める必要があります。

のぼり旗は宣伝ツールとして使うので、費用対効果を考慮して選ぶことが大切です。

サイトトップ 内容の決め方 アピールの軸 のぼり旗デザインの配置重要性 屋台のぼり 名産品のぼり 外国語表記のぼり旗 設置の効果 活用法 キャンペーン 注文 配色 複数ののぼり旗 セールのぼり旗 販促用のぼり サイズ のぼり旗の製作納期 過程 製作技法の違いのぼり旗 違い 順路を示す オリジナルの強み ビジネスに不可欠 屋外に設置 お店に入りたくなる サイトマップ